読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックハンティングに行って来ました。

ブックハンティング

明治大学図書館では、ブックハンティングというイベントがあって、大学の図書館に入れたい本を学生自身で選ぶことができます。今回は、それに参加してきました。
選書基準を満たせば、一人10万円程度まで、図書館に希望した図書を購入してもらえます。これは面白そうですよね!


今回は、ジュンク堂書店池袋店で開催されました。
集合すると、選書基準等の説明を受け、バーコードスキャナを渡され、早速開始。
時間は3時間程度で、長そうに思えるかもしれませんが、けっこうあっという間でした。
選書基準に則っていれば、あとは自分の好みで本を選んでいいので、好き放題させていただきました。
f:id:kuro_m88:20121110134955j:plain

書店の裏側ツアー

そして、選書の合間で書店スタッフの方に書店の裏側ツアーをしていただきました。
新しく入荷した本はすべてここに集められ、どのフロアに置くべきか仕分けられるそうです。
大型書店にしては、思ったより小さく感じたのですが、場所が狭いと、入荷してきた本はすぐに作業しないと溢れかえってしまうため、できるだけ早く陳列するようにするので、回転速度がはやくなり、効率がよくなるらしいです。新刊だけでも一日400冊ということですから、毎日膨大な量の本をさばいているのが容易に想像できるんじゃないかな、と思います。
f:id:kuro_m88:20121110150831j:plain


最終的には52冊程度選ばせていただいて、そのほとんどがコンピュータ関連の書籍です。情報科学の人、また情報系の知識を増やしたいひと、喜んでください(笑)最近流行りのWEB系の本も多く入れました。
ジュンク堂書店って、棚作りが面白いことで有名ってことを今日知ったのですが、実際に見てみると、すごいですね。自分の趣味とけっこう合ってました。たまたまかもしれませんが、自分が選んだ本が4~5冊特集コーナーにも置いてありましたし。
f:id:kuro_m88:20121110152250j:plain
明大グッズと図書カードもいただき、とにかく楽しかったです。
次回も開催されるそうですから、日程が合えば行きたいなと思います!