左右分離型のキーボードの新作!Mistel Barocco MD770のレビュー #Mistel #MD770

MD770のレビュー品をMistelさんから頂くことができたので新作のMD770のレビューをしたいと思います! 気にされている方が多いみたいなので、打鍵音も撮ってみました。

もともと自腹で新しいやつに買い換えようと思っていたので嬉しいです。

3年前MD600を買った時のレビュー記事はこちらです。 kurochan-note.hatenablog.jp

Mistel Barocco MD770

ポイントとしては

  • 左右分離式
    • 肩を開いて打鍵できるため、肩こりがしにくい実感があります
  • CHERRY MXスイッチ採用 (茶軸/青軸/赤軸/クリア軸/静音赤軸)
    • 今回はクリア軸をレビューします
  • 左右モジュールの接続と、PCへの接続用のインターフェイスにUSB Type Cを採用
  • マクロ機能でキーボードのみでキーの入れ替えやレイアウト変更が可能
  • LEDでキーが発光するバージョンもあり
  • 2色成形キーキャップ (後述)

という感じです。

外見

さっそく開梱です。

f:id:kuro_m88:20200206010746j:plain
箱はこんな感じ

f:id:kuro_m88:20200206010807j:plain
箱をあけました

f:id:kuro_m88:20200206010856j:plain
キーボードの外観

f:id:kuro_m88:20200206010916j:plain
キーボードは左右分割タイプです

ファンクションキーや矢印キーがついている、75%キーボードです。そのためサイズは少し大きめです。

打鍵音

静かな部屋でキーボードを打ってみて、スマホで打鍵音を撮ってみました。これはクリア軸版ですが、音は特に気になるほどではなかったです。 キーの押下時の重さは黒軸と同じくらいだそうですが、茶軸のように途中に軽いクリック感があり、2段階あるように感じます。 初代モデル(MD600)よりも本体の剛性が高まっているように感じ、安定して入力ができます。

キーキャップ

キーキャップも本製品の特徴のようです。 二色成形という方法でキーキャップにアルファベットや記号が表示されています。今までのモデルはキーキャップに印字する方式だったので長く使用していると印字が消えてしまっていましたが、二色成形のため指で擦れても文字が消えることはありません。

f:id:kuro_m88:20200206011927j:plain
キーキャップをとりはずしたところ

f:id:kuro_m88:20200206105032j:plain
キーキャップは2色成形

他のキーボードとの比較

HHKB (Happy Hacking Keyboard)

HHKBよりもキーが多いためサイズは大きいです。

f:id:kuro_m88:20200206104037j:plain
Happy Hacking KeyboardとMD770との比較

MD650L

最近まではMD650Lを使っていたので並べてみました。

f:id:kuro_m88:20200206105413j:plain
MD650LとMD770との比較

横方向からみると厚さの違いがわかります。MD650LはCherryのMLスイッチ(ロープロファイル)を使っているのでかなり薄いです。

f:id:kuro_m88:20200206105354j:plain
MD650LとMD770を横方向から比較

付属品

f:id:kuro_m88:20200206011412j:plain
付属品(+取扱説明書)
付属しているパーツは写真のとおりです。これに加え、日本語の取扱説明書も同梱されています。 予備のキーキャップ?が大量に付属していますが、使い方はよくわからなかったです…。付属しているキーはテンキー用のような気がしますが何に使うのやら…。

ゴム足の使い方

ゴム足とネジが4つずつ付属しています。裏側にネジ穴があり、ゴム足をつかってキーボードを傾けたい場合はキーボードの裏側にゴム足をネジで固定するようです。 ネジで固定するようになっているので着脱はちょっと面倒ですね…。チルト式の足だとよかったのですが。

f:id:kuro_m88:20200206103706j:plain
ゴム足を横方向につけるとこうなります

縦方向にゴム足をとりつけると、中央を高くするようなレイアウトが可能なようです。

f:id:kuro_m88:20200206103659j:plain
ゴム足を縦方向につけるとこうなります

f:id:kuro_m88:20200206103609j:plain
キーボードの内側を高くした時のイメージ

使用感

会社で1週間使用しました。 キーマッピングはCtrlとCaps Lockの入れ替えと、 \ と Deleteの入れ替えのみ行いました。

キースイッチはCherry MXを使っているため、斜め方向に入力してもキーが途中で引っかかってしまうようなこともありません。かなり快適です。 Mistelのキーボードは他にMD600とMD650Lを使ったことがありますが、MD600よりは打鍵感がよくMD650Lは斜め方向に入力したときの引っ掛かりが微妙にストレスだったのでMD770が一番好みです。 Fnキーとの組み合わせでMacの音量を変えたり、再生中の音楽を一時停止したり、次の曲に送ったり、ということもできるのでショートカットキーを覚えるとさらに便利です。 キースイッチは静電容量無接点式が一番好きなのですが、セパレート式キーボードが自分の中では一番肩がこらないので、今後もMD770を使い続けようと思います。

購入

RGB版はこちらから購入できます!2020/02/12時点だとRGB版の方が安かったです。光るのが不要な場合は、消灯も設定でできるようです。

光らない通常版はヨドバシで売っていました。 https://www.yodobashi.com/product/100000001005472366/

リストレストはこれを使っています。特にこだわりがない方はこれが安くておすすめです。